分散分光スペース

on 01 January 2016.

分散分光スペース

は真空中に分散すか?異なる場合には速度の伝播波の異なる周波数または手のひらサイズです。

光を物質には分散します。プリズムは、例えば、ビーム(複合体)の光は空間的に分離により、様々な角度から反射率、線の異なる波長です。

が研究の現状あるいずれの分散の光真空が期待できますので検出された。十分な放棄へのアプローチは真空から真空、ご了承の可能性を分散します。スペース銀河,銀河)の不可避な分散電磁波です。磁気や電気分野では、重力分野の絶対的な存在の様々な粒子の分散現象は、必要な必須です。このサイズで、最も高いので、その能力の現代商品です。著者のみを正当化する異なる経路により現を検出する分散の真空ます。

を考えることは分散光案します。

この短パルスの白色光です。このパルスが入り、透明物質のビームが垂直に入射します。

の最大速度移動中赤外波は、赤色を、ゆったりとも遅い-オレンジ、黄色、ゆったりとても遅くなり、緑、非常にゆっくりと青青紫色の下部に多くの仏像が消失しました。場合はキャンセル扱いとなり、キャンセの光を透明な材料から出力された空間的に分離した団体の色が異なる特徴があります。伝導度分布を明らかにこれらのグループに異なる。の差の時代の到着のグループでは、光速に物質又はそれより長い場合の既知物質の長さのパスの質です。

の受信機、分析装置が外部サンプリング方式を記録する場合があり、到着の色をバッチでも測定が可能で、時間に到着のバッチします。では、その登録のご到着を連続赤外、赤、オレンジ等線ます。

今までの光源は遠く明るいソースなど。また適しています。この与えられた時間、受信機線、放出される。の場合は青色の背景に赤と同時に、受話器が赤、放出されるのH青排出されるまではH

より幅広いスペクトルの放射線源のより正確な測定ができます。例えば、光源また赤外線、可視光やx線ビームの測定精度が大幅に増加します。

からの入射光からのスター形成の短いパルスになります。組織はこのパルスを必ずどこかにあり、スターです。そしてこの短パルスの研究-分析のみでの分析の分散の波です。超新星爆発?もっとランダムです。の刻か?の場合の想定のサージが結果の回転の星、すなわちあげて、ビームの回転サーチライトの分散効果が歪み、その検出が可能です。 Eclipseか?も可能です。物理的変数の星を映し出すのでしょうか?その場合の分散は大きい。

なので、かなどの要求事項を遵守しま回転の可視コンポーネントの目に見えないというのは、グローバルに見える成分が定期的に目に見えないます。の時間待ちの姿に見える成分の目に見えないます。の距離をスター1000光年です。

星登場の不可視コンポーネントです。がある場合は光の分散、最初の低周波信号が赤色となります。その後、赤色の背景が重なりのオレンジ、黄色、緑色などです。この場合のスペクトログラムの高周波信号まで一貫して表示されます。

外観のeclipsesこのためます。赤夜明けます。ケアのEclipseがない場合、最初の赤色は消え、さらに高速で、青色になります。

ここで、分散の真空(スペースが少なく、この研究室ではこれまで不可能です。では光の速度は必ずしも定義され、異なるデータが得られた異なる研究室も同じ研究室のものです。の実験と異なる波長のビームです。

O.P.Spiridonov"基礎物理定数"、高校では、1991,p. 124ます。の実験結果との比較の速度の伝播のガンマ線量とエネルギーの7GeVかりました。相対差速度以下(1,8+-0.6)X10-6

300 000 000m/s×18×10-6=540m/s

この結果を世界中の研究所です。ない信頼していない理由です。そのため、違い速度でつ桁小さくなります。明らかにこの研究室では、今日では修正な違いの速度で実行します。

でも増やす場合、パスの光千以上の光年としても、差額を旅行時間の経路に赤と青の光を増やってしまうほどではない洗練された機器を登録します。さ速度の異なる色1mm/s、千年のギャップの空間1mm/сх1000летх365днейх24часах60минутх60секます。=3х1010мм=

=3х107м=3х104км

の違いを教区の赤と青をすることで0.1秒。

の違いが運動する速さ10mm/sにありますの違いを赤と青では1秒です。

の違いの速度100mm/sの時差の登録は10秒です。

場合に選択したオブジェクトの距離1000光年を小さすぎて、分散した後のイベントは終了いたしました。に関する調査の物体の距離が10,000円または100,000円または1000 000年とする。これだけでは十分ではありませんか?再びレクション-リサーチ? それを参照対象の距離1000 000 000年とする。主なものは、自然または偶発的なイベントとなってからの初記録範囲は、記録時に外観のスペクトルの一部です。

の新しい超新星爆発で大きな距離ではもちろん、特別イベントです。がたっぷりのその他の現象です。

る検出の分散分光装置の定義はどのようなものか?

まず、一部のイベントが今と同時に、掲載されます。後であっても、光の測定器からの分数排出される異なる時間と異なるポイントスペース!

第二に、これを決定することが可能である距離空間のオブジェクト。をより正確に決定してまいります分散光の空間で、より的確にお知ら真の位置の星や銀河です。

第三に、特性、宇宙のリアルな抽象的な空間です。

第四に、クリアの宇宙の歴史は、その初期の段階で最も不思議な面白いんです。

第五に、この暗黒物質やエネルギーです。できない影響が、軽飛行億円億年の時間スケールの存在感スペースのある物質です。