電気吸着エネルギーの雰囲気

on 31 December 2015.

 

が知られているガス中の固体表面形状の薄い層の圧縮ガスです。

 

周辺有料導体もガスクッションです。

 

大気ガス中の窒素と酸素の電気分野の極性を持たなければならない領域に大きな勾配を有します。

 

に広く用いられている準備の火薬Kizilayている石炭破砕して粉末にしばしば発火そのものです。その理由は石炭の吸着酸素分子力の魅力なのです。この変換のポテンシャルエネルギーを運動の分子のエネルギー、それに伴う発熱します。

 

このいわゆる熱を吸着します。それはかなり大型で数千のカロリー/モル吸着したガスです。この熱により誘電特性のガスです。

 

このことを吸収ガスの帯電導体に置から少しの距離。の違い電圧の導体を失の内訳は、空気中での距離で、ミリメートします。吸着ガス加熱したぬくもりを任意の要素のラジエーターの冷却されない)です。場合においても分子の雰囲気ガスはそれ自体は明確な双極子が伝導体の電気分野では極性があるのでそれは確かに担当していただくことを予定のエリア最大の分野の導します。

 

このとき枕の地位を喪失したのでリセットと交換しております。を取ることができ圧のガイドまでお待ちクッションに吸収されると、その電力を適用します。が吸収性枕ないだけからの熱を周囲の空気ともにラジエーター、良くない。(部分もあるの冷たい空気が必要です。できる素早い行動が取れるよう類似の冷蔵庫を蒸煮-冷凍水分からの空気は、このような大量の熱します。までスイッチを切り、冷蔵庫の扉を開、融氷まで熱を冷やします。

 

できブラシ、クッションを機械的にします。

 

でご利用いただけます。電気吸着ポンプ("Electroadsorption-ガスポンプ")です。この著者の意見では、最良のオプション

 

異なるガス吸着に異なります。例えば、つげ炭吸90す!!!量のアンモニア、55量の硫化水素を! -9量の酸素ます。しかしながら、石炭の加熱およびフレア(空気は窒素、酸素、酸素を引き出しています。

 

その結論:使用される電気的吸着がガス吸収があります。このガスが供給され、コンテナに交換するエネルギーは、例えば、雰囲気となっており、供給される電気相吸着、格納されたエネルギー(より正確に、まることができるので)、撤去される熱交換器などです。

 

システムの始まりで、鎌冷蔵庫、より正確に、ヒートポンプです。使用雰囲気のサプライヤーとして、エネルギーです。電気吸着器として使用します。の雰囲気を使ってリセットには冷たい人はもちろん、寒いないのだ。

 

もちろん、巨大な埋蔵量の大気加熱します。のコースを掴むものの割合で、タスクは非常に重要です。う簡明な証明できるものの可能性抽出物からエネルギーの雰囲気です。初期加熱プロジェクションチャンバーの身体の雰囲気です。直接的な証拠:自発的な加熱を同一ボックスの石炭です。初期加熱-後の形成はガスクッション防止へのアクセスのガスは、加熱を停止します。赤道上の中レーンのポールがあります。その結果、大気中の熱を除去できます。

 

います。電体の雰囲気を集の料金、聴覚関連情報の弁別に伴う脳内活(分子ガス)および熱します。の聴覚関連情報の弁別に伴う脳内活れに近づくにつExplorerの配分を行います。その後、増加を吸着クッションとの中和がって、この分野では、加熱を停止します。再開の加熱が必要で定期的に除去、着枕に吸着したガスです。

 

 

 

-重力分野の本がない!みどこかにあった重力濃縮します。にこだわったすべての考えられる部品は、空気です!増えてい濃度に比べ環境です。加熱し、全体で枕ます。(選択し、熱としての乳牛からです。この電気特性をもち、ひいては大量の重いし、近くに集中します。

 

 

 

-強力な磁場が発生いたします。今だけではなく質量や電気特性を構築では、分子、磁気です。だが言いて磁石についてできる分野(戦略分野)ごとに作成されない消費エネルギー、ある分野への投資、エネルギーがある場合にもエネルギーの出力、そして...

 

 

 

そして牛乳のこの雰囲気は、狂牛す!---

 

 

 

もし、ご希望の成功の博物学です。